利用料

施設型給付費等の支給を受ける子どもの認定区分

 「子ども・子育て支援法」では、教育・保育を利用する子どもについて3つの認定区分(正確には、さらに「保育短時間」、「保育標準時間」に分けられるため5つの区分)が設けられ、これに従って保育料が分かれます。この認定は、大館市で行いますので、まずこの認定申請(支給認定申請書)が必要になります。申請は大館市子ども課まで。

 認定区分   認定区分内容 給付の内容  基本時間
 1号認定  満3歳以上の小学校就学前の子どもであって、2号認定子ども以外のもの 教育標準時間  9:30~13:30
 2号認定  満3歳以上の小学校就学前の子どもであって、保護者の労働又は疾病その他の内閣府令で定める事由により家庭において必要な保育を受けることが困難であるもの
 保育短時間
保育標準時間
 9:00~17:00
 7:00~18:00
 3号認定  満3歳未満の小学校就学前の子どもであって、保護者の労働又は疾病その他の内閣府令で定める事由により家庭において必要な保育を受けることが困難であるもの
 保育短時間
保育標準時間
 9:00~17:00
 7:00~18:00

保育料について
 各認定区分における基本保育料は大館市内の認定こども園および保育園で共通となりますが、その他の料金については各園によって異なります。当園における利用料は次のようになります。




Ċ
布袋屋学,
2018/01/11 23:48
Ċ
田中早紀,
2019/10/15 20:15
Comments